今ならアメリカの不動産投資の投資信託がおすすめ

初めての投資をされるなら、投資信託がすすめです。

プロが運用するので、自分ではチェツクして、ある程度の利益がでたら解約します。

 

毎月分配型に入ると、毎月分配金が口座に入ります。
しかし、基準価格が下がってしまうと解約時の購入代金を割り込んでしまいますので、日ごろのチェックは必要です。

 

銀行のネットで申し込めば、手数料や解約時の手数料もかからない銘柄があります。

まずは店頭に出向いて、説明を聞きましょう。お勧めもよく聞いてネットで購入します。

 

この場合ネットの手続きが必要ですが、他の手数料がタダであれば手間をかけても仕方ないです。

 

今はアメリカが景気上昇期待が高く、不動産関連の投資信託の基準価格はまだ、安く感じられます。

この景気上昇にのって基準価格が上昇していけば、初期投資額よりも解約金が多くなりますし、毎月の分配金も楽しめます。

 

この投資をはじめるのならば、ニーサ口座で始めると分配金の税金や解約時の税金もかかりません。
毎年100万までの投資なら、貯蓄には最適ではないでしょうか。

 

小額から投資を始められますから、余分なお金ができたら、ニーサ口座で投資信託をネットで購入することがお得です。
定期預金では利息は無いに等しいですから、投資信託を始めると良いでしょう。

 

ここで、証券会社、銀行での取引手数料の違いですが、同じ銘柄を選ぶのであれば銀行のほうが断然お安いので、お勧めです。

 

これを機会に投資の勉強もできますし、経済に興味を持てるようになります。
ただ、リスクもあることを忘れないようにすることも大切です。