初心者にお勧めの低リスク資産運用は2つ

最近、FXや先物取引など投資話が巷で話題になっていますよね。
これはアベノミクスにより日経平均株価が急激に上昇し円安傾向に向かっていることが大きな理由です。

 

ただ、投資に関する知識のない方にとってこうした経済の動きというのはよくわからないもので、周りがやっているからやろうと思った時には天井だったなんてケースは少なくありません。

 

ですから、投資初心者の方ははじめからハイリスク・ハイリターンな投資をスタートすることは避ける必要があります。

では、どんな資産運用が向いているのでしょうか。以下でご紹介していきます。

 

1.個人向け国債

 

私が最もオススメする低リスクの資産運用は日本が発行する個人向け国債です。

個人向け国債は、1万円から購入することができ、原則として元本割れすることがありません。

 

個人向け国債が元本割れするというのは日本の財政が破綻しなければあり得ず、過去に例はありません。

また、最低金利も保証されているため、一定期間保持すれば必ず利益が出る仕組みとなっています。

 

2.投資信託

 

投資を専門に行なっている機関に対して資産を預け、自分に代わって資産を運用してもらうのが投資信託です。

個人向け国債と異なり元本割れのリスクが存在しますが、投資先の選定ができない個人に比べ、プロが戦略的にリスク分散を計算し運用するため、安全性は高い資産運用の1つです。

 

こちらも1万円など低額から投資することができるため、積立のような形で運用する方が多くみられます。