初心者でも低リスクで資産運用♪投資信託とは?

株などにいきなり投資をするのは、あまりにもリスクもコストも高すぎて、初めて投資をするのには不安という投資初心者の方にオススメなのが「投資信託」です。

 

投資信託とは小額の投資で資産運用できる、銀行などでまず最初にオススメされる投資方法です。

投資信託の方法は、一般の投資家から小額の資金を集め、その資金で投資ノプロが株や債権を買って分散投資をおこない、その利益を投資家に配分するという方式の金融商品です。

 

●投資信託を行うことのメリット

 

1)1万円程度からの小額投資が可能なので始めやすい

 

株の場合では、最低でも20万円前後から始めなければなりませんが、投資信託なら小額の1万円程度から始めることができます。

 

2)実際の運用は投資のプロがしてくれるので、自分が投資するよりリスク少

 

投資信託で実際に投資を行うのは、ファンドマネージャーと呼ばれる投資の専門家が運用します。

初心者ではそう簡単に投資は成功しませんが、専門家に委託することで自分で投資をするより確実性が増します。

 

3)分散投資ができるので失敗しにくい

 

投資信託は細かく投資をすることで、投資先が倒産してしまってもリスクを最小限に抑えることができます。

 

ほかにも外貨預金やFXなどがありますが、どれも初心者が失敗すると大損をする可能性が高いので、まずは投資信託で資産運用をしつつ、金融の勉強をしながら他の資産運用方法を知っていく方が、安心して資産を増やすことができます。

 

プロに運用をお任せする投資信託

 

資産運用と聞くと、とても難しくハードルが高いような気がしますが、実際は初心者でも、比較的簡単に行う事ができる運用方法もあります。

 

例えば、定期預金や外貨預金などの方法も、これら資産運用の一つという事が言えます。

定期預金などは、多くの人が行っている資産運用で、普通預金より少しは良いという感じにしか運用する事できません。

それに比べ外貨預金の方は、日本の銀行に比べ、金利が高い国も多く、その上で為替レートが良い状態の際に日本円に替え引き下ろす事で、多く運用する事が可能です。

しかし、為替レートの影響は大きくなる為、場合によっては損をしてしまうというデメリットがある事も事実です。

 

これらの他にも、初心者でも低予算から資産運用を始める事ができる「投資信託」も人気な資産運用のひとつになっています。

 

自分で行うのではなく、自分のお金を預けてプロに運用をお願いする投資信託。

その為、難しい知識など一切必要なく、資産運用を行う事が可能です。

 

運用資金も貯金程度の1万円ほどから始める事も可能で、少額から試す事ができます。

プロに任せる為、その人の腕次第という事やコストも必要になってきますが、知識のない人でも始める事ができるという事は有り難い事だと思います。

 

ただ、お願いする人の腕を見極める事は自分で行わないといけない為、色々と慎重に選ぶ必要は出てきます。
これらのように、まったく資産運用に知識がない人でも、身近な定期預金などの方法からプロに任せる方法まで、様々な資産運用の方法を選ぶ事ができるようになっています。