貢献が正当に評価されるネムのシステム

サービスが開始されて以来、仮想通貨は少なからず、お金を多く持っている物にお金が流れていくというシステムの上にありました。現実に縛られず、国という括りにも縛られない、ネット上の自由なお金ということをコンセプトに、存在しているにも関わらずです。

 

シェアナンバーワンを獲得しているビットコインにしても、採掘というコインを得るために必要な行為は、大きなサーバーを保持し動かし続けていられる、資金力のある人に有利なように構成されています。

 

お金を持っている人が有利になるシステムではなく、皆が平等にお金を増やせるシステムを作ろうということで、ネムの開発が行われました。現在ネムの序列は、コミュニティにとっての重要度で形成されています。

 

重要度はネムのコインであるXEMをどれだけ持っているかと、ネムを使ってどれだけ取引をしているかの、主に二つのポイントによって判定が下されます。ただたくさんのコインを持っていればよいというのではなく、それを使って他との取引をこなすことも、重要度を稼ぐためには必要であるため、自然とひと所にコインが集まることは少なくなります。補足としてメインアカウントと、予備アカウントとの一人取引では、重要度の上昇には繋がりません。

 

ネムのシステムでは、コインを抱え込んでいるだけでは、上手に利益を得ることはできません。その他にはない独自の形が、ネムの可能性です。一人一人のユーザーが活発にネムを使用し、利益を上げようとすることで、ネムの勢いはどんどんと上昇していくことでしょう。ネムはユーザーによって、常に進化を続ける仮想通貨なのです。

ライトコインの詳細とビットコインとの違い

仮想通貨のトップを誇るビットコインが金の価値を示すなら、ライトコインは銀の価値を示すとみられる仮想通貨です。

ライトコインはチャーリー・リーという名の開発者が、ビットコインよりも早い採掘や取引を目指し、埋蔵量が決まっていて採掘において難しい金のようなビットコインよりも、埋蔵量が金よりも多く、採掘も容易で金よりも使いやすい銀を目指したライトコインがあれば便利だと思い、コインとして最も高い価値よりもそこそこ高い価値でありながら、使いやすさがあることを目指したものと考えたらわかりやすいと思います。

 

採掘はマイニングと呼ばれており、ライトコインもビットコイン同様マイニングによって入手できます。ライトコインの誕生は2011年と言われています。

 

仮想通貨は目には見えない現金なので、その目には見えない価値を担保として取引をするために、ビットコインでは最大総量を2100万BTCと上限が設けられていますが、ライトコインはビットコインの倍以上の最大総量を8400万LTCとしており、その通貨総量の上限の差は約4倍となっているし、取引認証時間においてもビットコインは10分程度時間がかかるのに対し、ライトコインは2、5分程度でよいので、価値はビットコインに劣っても、ネット上の仮想通貨の取引を日常的に行うにあたっては、こちらのほうが扱いやすそうです。

 

ビットコインに限らず、ライトコインは他の仮想通貨と比較しても発行量が最も高いという点が最大のメリットだと感じます。

スピードと変動の大きさが特徴的

リップルという仮想通貨は、スピードに関する特徴があります。非常にスピーディーに決済できるからです。
仮想通貨は、確かにビットコインなどの選択肢もあります。最近では、ビットコインはCMなどでも宣伝されているでしょう。

 

しかしビットコインは、決済に少々時間を要する傾向があります。必ずしも即時で決済できるとは限らないのです。ですから急いでいる時などは、ちょっと不便さを感じてしまう事があります。
それに対してリップルという通貨は、かなりスピーディーに決済する事ができるのです。ですから早さを求めるなら、その通貨はおすすめなのです。

 

そしてリップルは、価格変動の大きさにもメリットがあります。投資を目的にしているなら、確かにおすすめなのです。
投資による利益率は、変動の大きさに左右される一面もあるのです。せっかく通貨を購入しても、殆ど動きが発生しなければ、利益が限定されてしまう事もよくあります。

 

また肝心の利益が発生するまでに、多少時間がかかってしまう事も多いのです。
ところがリップルという通貨は、かなり価格変動が大きいタイプになります。それだけに、短期で大きな利益が生じる可能性を秘めているのです。

 

ただし短期での投資となると、多少投機的なやり方にはなります。それだけに、知識などは学ぶ必要はあるでしょう。その代わり、かなりの利益が生じる可能性も秘めている通貨でもあります。大きな利益を求めているなら、リップルはおすすめです。

イーサリアムの特徴や将来性について

イーサリアムの最大の特徴としては、スマートコントラクトと呼ばれる技術を導入しているところです。このスマートコントラクトと呼ばれる技術により、安全面においてはビットコインを上回ることができるようになっています。

 

イーサリアムはビットコインに次いで時価総額が2位の仮想通貨なのですが、その主な原因としてはビットコインの後から導入されたということがあります。そのためビットコインを仮想通貨1.0、イーサリアムなどは仮想通貨2.0と呼ばれています。

 

仮想通貨2.0は後から導入された次世代の仮想通貨な分、ビットコインよりも優れているところが多いです。スマートコントラクトと呼ばれる技術は、その優れている部分の一つになります。

 

スマートコントラクトがどのような技術なのかといえば、簡単に言えば取引の履歴などが記録されるビットコインなどに対して、その取引の契約内容などまでも記録されるという技術のことです。このように仮想通貨の取引に契約を組み込むことにより、ビットコインよりもより安全に取引を行うことができるようになったのです。

 

ただいくらイーサリアムが安全面で優れているといっても、2016年にはハッキングを受けていますし、仮想通貨自体が安全面においてはまだまだ改善の余地があります。

 

また現状では仮想通貨で2位とはいえ、1位のビットコインとは規模にかなりの差があります。その分まだまだ伸びる余地があるともいえ、実際に2017年になってからはかなりの勢いがあるので、その勢いに期待して利用してみるのもいいでしょう。

ビットフライヤーは複数の大手企業がスポンサーになって投資してるので取引機能や顧客サポートが充実してるのが長所!

ビットフライヤーは国内初のビットコイン取引所として名乗りを上げ、毎日万単位の新規ユーザーが入会してるので、キメ細かい顧客サポートには定評がある他、初心者でも操作しやすい取引画面やチャート表が各種完備されているのが特徴です。

 

又、ビットフライヤーに協賛してるのもリクルートや電通、GMOなど大手企業が名を連ねているので、資金も莫大に備えており、詐欺や盗難などのトラブルにも迅速に対処してくれます。

 

そして監査法人とも提携してるので、心配な海外への送金も厳重なチェックの下、約10分で格安の手数料でスマートにできるのもポイントです。
気になるビットフライヤーへの登録手続きですが、facebookかYahoo!のIDを取得していれば誰でも短時間で入会可能です。

 

ただビットコインの売買両方に携わりたければ、アカウントのランクを最低でも下から2番目のエコノミークラスを指定する必要があります。
ちなみに購入したビットコインを現金に替えたい場合は、銀行口座も必要になるプレミアムエコノミーまでアカウントランクを格上げする必要があり、電話番号でのSNS認証が後日要求されます。

 

もしビットコインをひたすら貯めたい場合は、げん玉やモッピーなどのポイントサイトを上手く活用するのがお勧めで、手付金も不要です。
上記サイト内での広告閲覧やネットゲームでコツコツ貯めたポイントは、後日簡単にビットフライヤーの自分のアカウント口座にも払い出せます。

参考: 【仮想通貨の始め方】ビットコインを購入するにはどうすればいいの?

ビットフライヤーは、サイトにログインやチャットサービスに積極的に参加するだけでも、コツコツとビットコインを集める事もできる効率の良さがあります。
ただビットコインの通貨価値は日々著しく変動するので、ビットフライヤーで商品決済や送金する時は多少損するリスクも覚悟した余裕を持った心構えでいないといけません。

需要が増えることで将来性も期待できます

さまざまな憶測が飛んでいるビットコインですが、現在急成長を遂げている背景から使用の機会がどんどん増えてくると考えられています。

 

海外では自国の通貨だけではなくビットコインを代わりに使用することで割引サービスを受けられるような店舗も多く存在していますし、日本でも同様に飲食店の支払いや公共料金の支払い等に使用することが可能です。

 

今後こういったサービスが広がりを見せればどんどん需要が高まってくるでしょうし、そうすることで価値の高騰が充分に期待できます。今から投資しておいて損はないと考えて差し支えないでしょう。

 

特に、日本の円ではあまり考えられないことではありますが、自国の通貨が信用できなくなっている諸外国においては、通貨の代わりにビットコインの購入、利用をしている人が増えてきています。

 

同様に米国でもドルへの不信感から投資家がビットコインの購入を行っているともいわれているほど注目が集まってきているものです。まだ発展途上なのですが、利便性の高さからこれから先、その価値が急激に上がる前に投資をしておくというのも手でしょう。

 

ビットコインを使用、または貯める身近な方法としてはアプリゲームなどが挙げられます。また、オンラインゲームをプレイしているかたであれば、世界中のゲームで欲しいアイテムを入手したり、プレイすることでビットコインをゲットしたり、より利便性のよさを実感できるはずです。手始めに、まずは軽い気持ちでビットコインに触れてみるといいでしょう。

初めての一人暮らしでの物件の探し方と一人暮らしの準備

憧れの初めての一人暮らしは楽しみな反面不安も多いと思います。都心は家賃も高いし、でも妥協するのも嫌、そんな方にオススメの物件の探し方をご紹介します。

 

まず引っ越すには家具家電も揃えなければいけないので、初期費用はなるべく抑えたいですよね。一番の削減はやはり金額の大きい敷金礼金です。敷金礼金0物件というのは探せば割りとあります。

 

ただ、一つ注意しておくのは敷金0の物件です。敷金0の物件は退去する際にクリーニング代などを払わなければいけないので、後からお金がかかると思っておいた方が良いです。礼金は、家主さんへのお礼の金銭になるので、無いに越したことはないですね。

 

一人暮らしだとまず駅近・築浅・トイレバスが別など色々と希望があると思いますが、便利で綺麗となるとやはり家賃はどんどん上がっていきます。汚い古い家は誰だってあまり住みたくはないですね。

 

安くて綺麗なマンションには住めないのか?そんなことありません。ここで意外と見落としがちなのが「リノベーション物件」です。建物の築年数は20年、30年となっていても、中が綺麗な築浅マンションのように改装されています。普通の築浅マンションより安価なのでかなりオススメです。

 

不動産会社に相談するときに「綺麗で新しい」と伝えると大半が築浅物件を紹介されるので、一度「リノベーション物件でも良いのでこの予算でないですか?」と聞いてみてください。紹介してもらえる幅が広がります。
理想の物件を見つけて、快適な一人暮らしを楽しんでくださいね。

安いところへ行けば電気代は抑えられる

電力自由化によって、販売するところと電気を作るところは分断されることになりました。販売するところは自由に参入が可能となっているので、色々なサービスをプラスすることで安く抑えることが可能です。

 

その一方で電気会社よりもサポートがしっかりしていないと言われることが多くなっています。サポート体制の充実が図られていないと、結構厳しい状況になってしまうことがありますので、基本的にサポートのしっかりしているところで電気を購入するといいです。

 

一応自由化によって、少しだけ安くなるところは出ています。1割程度安くなるなら、年間でもそれなりの得をしていることになるので、まずはちょっとでもいいから抑えられるところを選んでください。

 

また一緒にセット購入することで抑えられるものもあります。ガスを一緒にしたり、スマホを購入するなどして安くしてくれるところもあります。これらのサービスを比較して、一番安く抑えられそうなところを選んでおけば、ほぼ失敗をすることはありません。

 

問題は地域によって電力自由化で使える業者が異なっていることです。関東のように多くの業者がいるところもありますが、それ以外の地域ではあまり多くの業者から選べません。

 

地方では選択肢が狭まっているので、安いからと言って適当に考えることは避けたいところです。電力自由化はかなり金銭的に抑えられるいい方法でもありますが、その分だけ得をするには色々な要素を加味しなければなりません。

マンション投資のリスクはどのようなものがあるのか?

マンション投資を始めようと考えている人はメリットばかりに目を奪われがちですが、安くない金額を投資することになるマンション投資はメリットよりもデメリットを考えて、デメリット対策をあらかじめ考えておかなければなりません。

 

デメリット対策にある程度の目途が立ってからマンション投資を検討すべきです。マンション投資の考えられる大きなリスクは3種類考えておかなければなりません。

 

第一のリスクはマンション投資における最大のリスクとも言うべき、借入のリスクです。もちろん、投資金のすべてが自己資金で賄う場合にはすくなくとも破綻しませんが、家賃収入を当てにしてローン返済をしている場合には、家賃収入が無くなってしまえば、返済できないというリスクがあります。マンション投資の循環が狂ってしまうのです。

 

第二のリスクは家賃収入に関するリスクです。投資しているマンションや部屋が絶対に空くことがないとは誰にも言うことはできませんし、空という最悪にリスクは回避できたとしても、物件価格の下落や家賃相場が下落しないとは限りません。投資マンションの条件にもよりますが、経年すれば利回りは悪くなっていくと考えたほうがいいでしょう。

 

第三のリスクはイレギュラーの事態のリスクです。地震などの天災が起こることもありますし、火事などの人災が起こることもあります。また、管理を任せている会社が倒産するということもないではありません。これらの突発的なリスクはいつ起るかわからないリスクです。

OLをしながら不動産投資で副収入を得る

本業でOLをしているけれど、副業で収入が欲しいという人にマンション投資は向いています。不動産投資というと最初にまとまった資金が必要なのでハードルの高い印象もありますが、多少の頭金を準備すれば銀行から融資を受けて購入することも出来ますので、手持ちの資金の何倍もの投資をすることも出来るのです。

 

マンション投資の一番のメリットは、自分の保有するマンションが資産になると同時に人に貸すことで家賃収入を得ることができる点にあります。一棟を保有している場合には管理が大変になってしまいますので、本業があると忙しくなってしまいますが、この場合には管理会社に管理を依頼して自分は家賃収入から手数料を引いた金額を受け取ることも出来ますね。

 

ただどのようなマンションでも投資すれば必ずリターンがあるというわけではありません。空室になってしまった場合には家賃収入もなくなってしまいますので、家賃収入から銀行への返済をするつもりでいると計画が狂ってしまうこともあります。また購入する時には売却する時のことも考えなくてはいけません。立地や建物の状態によっては売却が難しくなってしまいます。

 

立地が良ければ物件が古くてもそれ程不利になることはありませんので、立地は特に重要視したいです。まずは一棟を購入するよりも、分譲マンションの一室のみを購入するなど小さく始めてみることも良いですね。マンション投資を続けてうまく利益を出せるようになってきたら、最初の物件のローン返済が終わったあとに新しい物件の購入を検討してみてください。

 

資産運用を始める前にかならず考えるべきこと

資産運用を考える上で最も重要なことはリスクをどのくらい取れるのかということに尽きます。資産運用はリスクが低ければ低いほどリターンも小さくなりますし、リスクが高ければ高いほど高いリターンを得ることができます。

 

例外はありません。よくローリスクハイリターンをうたっているような資産運用の商品がありますが、まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
リスクをどのくらい取れるかを決めれば、どのような資産運用をするのかが見えてきます。

 

リスクをほとんど取れない、またはリスクは取りたくないという人であれば、銀行における定期預金や個人向け国債などが候補に挙がってくるでしょうし、それなりのリスクを取れる、またはある程度のリスクを取ってもリターンを得たいと考える人ならば、投資信託や株式現物投資などが候補に挙がることになります。

 

大きなリスクを取れる、または大きなリスクを取っても大きなリターンを狙いたいという人ならば、FX投資や先物投資や株式信用投資などが候補になるでしょう。

 

もう一つ、資産運用で考えなければならないのは撤退時期です。

あまりリスクを取らないという人には撤退は考えなくてもかまいませんが、ある程度以上のリスクを取って資産運用をする場合にはどのくらい資産がマイナスになれば資産運用から撤退するのかをしっかり決めてから資産運用を始めなければなりません。

リスクを取った審査運用では資産が増えたり減ったりすることは珍しいことではありません。