安いところへ行けば電気代は抑えられる

電力自由化によって、販売するところと電気を作るところは分断されることになりました。販売するところは自由に参入が可能となっているので、色々なサービスをプラスすることで安く抑えることが可能です。

 

その一方で電気会社よりもサポートがしっかりしていないと言われることが多くなっています。サポート体制の充実が図られていないと、結構厳しい状況になってしまうことがありますので、基本的にサポートのしっかりしているところで電気を購入するといいです。

 

一応自由化によって、少しだけ安くなるところは出ています。1割程度安くなるなら、年間でもそれなりの得をしていることになるので、まずはちょっとでもいいから抑えられるところを選んでください。

 

また一緒にセット購入することで抑えられるものもあります。ガスを一緒にしたり、スマホを購入するなどして安くしてくれるところもあります。これらのサービスを比較して、一番安く抑えられそうなところを選んでおけば、ほぼ失敗をすることはありません。

 

問題は地域によって電力自由化で使える業者が異なっていることです。関東のように多くの業者がいるところもありますが、それ以外の地域ではあまり多くの業者から選べません。

 

地方では選択肢が狭まっているので、安いからと言って適当に考えることは避けたいところです。電力自由化はかなり金銭的に抑えられるいい方法でもありますが、その分だけ得をするには色々な要素を加味しなければなりません。

マンション投資のリスクはどのようなものがあるのか?

マンション投資を始めようと考えている人はメリットばかりに目を奪われがちですが、安くない金額を投資することになるマンション投資はメリットよりもデメリットを考えて、デメリット対策をあらかじめ考えておかなければなりません。

 

デメリット対策にある程度の目途が立ってからマンション投資を検討すべきです。マンション投資の考えられる大きなリスクは3種類考えておかなければなりません。

 

第一のリスクはマンション投資における最大のリスクとも言うべき、借入のリスクです。もちろん、投資金のすべてが自己資金で賄う場合にはすくなくとも破綻しませんが、家賃収入を当てにしてローン返済をしている場合には、家賃収入が無くなってしまえば、返済できないというリスクがあります。マンション投資の循環が狂ってしまうのです。

 

第二のリスクは家賃収入に関するリスクです。投資しているマンションや部屋が絶対に空くことがないとは誰にも言うことはできませんし、空という最悪にリスクは回避できたとしても、物件価格の下落や家賃相場が下落しないとは限りません。投資マンションの条件にもよりますが、経年すれば利回りは悪くなっていくと考えたほうがいいでしょう。

 

第三のリスクはイレギュラーの事態のリスクです。地震などの天災が起こることもありますし、火事などの人災が起こることもあります。また、管理を任せている会社が倒産するということもないではありません。これらの突発的なリスクはいつ起るかわからないリスクです。

OLをしながら不動産投資で副収入を得る

本業でOLをしているけれど、副業で収入が欲しいという人にマンション投資は向いています。不動産投資というと最初にまとまった資金が必要なのでハードルの高い印象もありますが、多少の頭金を準備すれば銀行から融資を受けて購入することも出来ますので、手持ちの資金の何倍もの投資をすることも出来るのです。

 

マンション投資の一番のメリットは、自分の保有するマンションが資産になると同時に人に貸すことで家賃収入を得ることができる点にあります。一棟を保有している場合には管理が大変になってしまいますので、本業があると忙しくなってしまいますが、この場合には管理会社に管理を依頼して自分は家賃収入から手数料を引いた金額を受け取ることも出来ますね。

 

ただどのようなマンションでも投資すれば必ずリターンがあるというわけではありません。空室になってしまった場合には家賃収入もなくなってしまいますので、家賃収入から銀行への返済をするつもりでいると計画が狂ってしまうこともあります。また購入する時には売却する時のことも考えなくてはいけません。立地や建物の状態によっては売却が難しくなってしまいます。

 

立地が良ければ物件が古くてもそれ程不利になることはありませんので、立地は特に重要視したいです。まずは一棟を購入するよりも、分譲マンションの一室のみを購入するなど小さく始めてみることも良いですね。マンション投資を続けてうまく利益を出せるようになってきたら、最初の物件のローン返済が終わったあとに新しい物件の購入を検討してみてください。

資産運用を始める前にかならず考えるべきこと

資産運用を考える上で最も重要なことはリスクをどのくらい取れるのかということに尽きます。資産運用はリスクが低ければ低いほどリターンも小さくなりますし、リスクが高ければ高いほど高いリターンを得ることができます。

 

例外はありません。よくローリスクハイリターンをうたっているような資産運用の商品がありますが、まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
リスクをどのくらい取れるかを決めれば、どのような資産運用をするのかが見えてきます。

 

リスクをほとんど取れない、またはリスクは取りたくないという人であれば、銀行における定期預金や個人向け国債などが候補に挙がってくるでしょうし、それなりのリスクを取れる、またはある程度のリスクを取ってもリターンを得たいと考える人ならば、投資信託や株式現物投資などが候補に挙がることになります。

 

大きなリスクを取れる、または大きなリスクを取っても大きなリターンを狙いたいという人ならば、FX投資や先物投資や株式信用投資などが候補になるでしょう。

 

もう一つ、資産運用で考えなければならないのは撤退時期です。

あまりリスクを取らないという人には撤退は考えなくてもかまいませんが、ある程度以上のリスクを取って資産運用をする場合にはどのくらい資産がマイナスになれば資産運用から撤退するのかをしっかり決めてから資産運用を始めなければなりません。

リスクを取った審査運用では資産が増えたり減ったりすることは珍しいことではありません。

低リスク投資、優良株で配当を狙うべし

100万円ほどの資産運用を考えているなら株の購入をおすすめします。

株と聞くと、暴落、倒産などを聞いてリスクの大きいものと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、安定した業績を持ち続け、高配当のある会社ももちろんあります。

 

短期で利益を出そうとせず、もし元本割れをしても気長に持てるという余裕があれば株は怖いものではありません。

 

まずは本などで優良株とは何かをしっかり学びましょう。

優良な銘柄の載った雑誌などもありますが、その雑誌の言うことを鵜呑みにせずなぜその株が優良なのか自分でも説明できるくらいでないといけません。

 

長期保有で配当利回りが5%でもあれば、銀行の定期預金金利よりもずっと早く増やせるはずです。長期と言えばどれくらいかと問われそうですが10年くらいを考えるのがいいでしょう。若い方には10年というととてつもなく長い期間のように思われるかもしれませんが、銀行に入れておいても10年くらい使わない確率はけっこう高いと思われます。

 

もちろん10年というは元本割れした場合で、その間に元の購入金額より株が上がっていれば売却し、売却利益を得たら良いのです。
そこで一つ注意なのは売却益が出てもすぐにまた他の株を購入したりせず、次に購入する場合もじっくり銘柄を見極め、また10年くらい持つ覚悟で購入してください。

 

最近は株主優待を目当てに株を購入する人も多くなってきました。絶対に使用する物や優待券をもらうのでしたら良いと思いますが、利回りが高いからと言ってあまり使わないものを目当てに株を購入するのはやめておきましょう。

貯蓄と運用はバランスが大切

バブル経済崩壊まで定期預金の利率が高く、ある程度のまとまった資金があれば、元金に手をつけずに利息のみでかなりな金額を受け取ることができました。
さらに利息は無税で受け取れたので、貯蓄も立派な運用と言えましたが現在は違います。

 

運用方法は色々ありますが、株式投資や投資信託、外貨預金、債権の購入が多く、リターンは貯蓄よりも多いもののリスクが付き物です。
急に現金が必要になっても簡単に換金できないものもあります。

 

貯蓄と運用を考える場合はバランスが大切で、常にリスクを意識し、最低でも半年分の貯蓄ができてから運用を考えるべきです。
どう振り分けるかのバランスは個人の生活環境や性格によりますが、年齢が高くなればなるほどリスクの許容度は低下します。

 

若いうちならば運用で損失が出ても働いて補填できますが、老後資金などは手堅くプールしておく方が安全です。
同様に教育資金や住宅資金など使いみちが決まっている資金も貯蓄の比重を大きくしておく必要があります。

 

財産税などいう言葉もチラホラ聞くようになりましたが、現時点での貯蓄は金融機関ごとに1000万円までは保護されるのでノーリスクです。
一方、運用はうまくいけば大きな利益を得られますが、損失を被ることもあることを肝に銘じましょう。

 

大切な資産ですから、運用は宣伝だけに惑わされずに必ず自分で納得できるまで調べることも重要です。
もちろん借金をして運用するなどは言語道断です。

 

わずかな損失にも眠れなくなる、泰然と5年10年待てるなど人の性格もそれぞれ。
トータルでじっくり考えて自分なりの資産配分をして、しっかり増やしましょう。

 

初心者でも利用しやすいツールを提供しているFX会社

FXは通貨の売買を通じて利益を確保する資産運用方法であり、レバレッジという制度を利用すれば少ない投資で大きな金額を運用することが可能になります。

しかし初心者ですとチャートの読み方などが分からず、ロスカットという大損失を被らない制度はあるものの多額の資産を失ってしまうことがありますので、信頼できるFX会社を見つけることから始めます。

 

FX会社では初心者でも気軽に資産運用を始められるようツールを提供しています。

FXにおいて通貨の売買を行うタイミングを決定するために参考になるのがチャートであり、各社とも独自のツールにて売買のタイミングを教えてくれるのです。

 

もちろん最終的な決断を下すのは本人ですが、自動で売買を繰り返してくれるツールもありますので、まずは少額を投資してFXについて学んでいくと良いです。

チャート表に登場する始値や終値そして高値などが示したローソク足の見方が分かるようになってくれば、FX投資への第一歩を踏み出したことになります。

 

そしてFX会社では今後の為替の動きを予測するテクニカル分析のレポートが掲載されていることがあり、新聞やインターネットを閲覧しなくても必要な情報をチェックできるため、仕事や家事が忙しい女性でも短時間で資産運用ができます。

 

おすすめのFX会社はFX取引高世界一に輝いたことがあるGMOクリック証券やFX口座数国内第一位となったDMM.com証券など、テレビコマーシャルやインターネットの広告表示でよく見かける証券会社であり、初心者でも安心してFXを始められるようになっています。

今ならアメリカの不動産投資の投資信託がおすすめ

初めての投資をされるなら、投資信託がすすめです。

プロが運用するので、自分ではチェツクして、ある程度の利益がでたら解約します。

 

毎月分配型に入ると、毎月分配金が口座に入ります。
しかし、基準価格が下がってしまうと解約時の購入代金を割り込んでしまいますので、日ごろのチェックは必要です。

 

銀行のネットで申し込めば、手数料や解約時の手数料もかからない銘柄があります。

まずは店頭に出向いて、説明を聞きましょう。お勧めもよく聞いてネットで購入します。

 

この場合ネットの手続きが必要ですが、他の手数料がタダであれば手間をかけても仕方ないです。

 

今はアメリカが景気上昇期待が高く、不動産関連の投資信託の基準価格はまだ、安く感じられます。

この景気上昇にのって基準価格が上昇していけば、初期投資額よりも解約金が多くなりますし、毎月の分配金も楽しめます。

 

この投資をはじめるのならば、ニーサ口座で始めると分配金の税金や解約時の税金もかかりません。
毎年100万までの投資なら、貯蓄には最適ではないでしょうか。

 

小額から投資を始められますから、余分なお金ができたら、ニーサ口座で投資信託をネットで購入することがお得です。
定期預金では利息は無いに等しいですから、投資信託を始めると良いでしょう。

 

ここで、証券会社、銀行での取引手数料の違いですが、同じ銘柄を選ぶのであれば銀行のほうが断然お安いので、お勧めです。

 

これを機会に投資の勉強もできますし、経済に興味を持てるようになります。
ただ、リスクもあることを忘れないようにすることも大切です。

初心者でも安心して始められる3つの資産運用

じっくりと手堅く、ちょっとずつでも良いので資産を増やしたいとお考えの方、そんな方にオススメの資産運用法を、特に初心者向けに3つご紹介致します。

 

定額預金

clpl016-s

まず1つめにご紹介したいのは、皆さんご存知の「定額預金」です。

定額預金はお金を預けている間は引き下ろす事はできませんが、普通預金よりも金利が高く安定性も高い方です。

数ある資産運用の中でも非常に分かりやすく、始めやすい方です。

 

外貨預金

sct055a-s

次に2つめは「外貨預金」です。

これもご存知の方は多いと思います。簡単に流れを説明致しますと、円を外国の通貨に換えて、為替の変動により資産を増やしていくという流れです。

為替の変動によりどれ位の利益を得られるかという事はもちろんの事ですが、預ける銀行によって金利も違いますので、その点でも得られる利益の差はあります。

 

投資信託

too

最後3つめは「投資信託」です。

ネット投資信託のクラウドバンクも非常に有名ですので、ご存知の方は多いでしょう。

投資信託とは、ある資産運用家にお金を預け、そのお金をその方に運用して頂き、その後に出た利益をお金を預けた方々に分配していくというものです。

流れを見てお分かり頂けると思いますが、投資信託の場合何よりも大事なのは、お金を預ける相手が確かな実力があって、信用できるかどうかというところです。

低額から始める事もできますが、その点はとても重要です。

 

以上3つ資産運用法をご紹介致しました。

興味のある方はゆっくりと学んで、始められてはいかがでしょうか?

初心者にお勧めの低リスク資産運用は2つ

最近、FXや先物取引など投資話が巷で話題になっていますよね。
これはアベノミクスにより日経平均株価が急激に上昇し円安傾向に向かっていることが大きな理由です。

 

ただ、投資に関する知識のない方にとってこうした経済の動きというのはよくわからないもので、周りがやっているからやろうと思った時には天井だったなんてケースは少なくありません。

 

ですから、投資初心者の方ははじめからハイリスク・ハイリターンな投資をスタートすることは避ける必要があります。

では、どんな資産運用が向いているのでしょうか。以下でご紹介していきます。

 

1.個人向け国債

 

私が最もオススメする低リスクの資産運用は日本が発行する個人向け国債です。

個人向け国債は、1万円から購入することができ、原則として元本割れすることがありません。

 

個人向け国債が元本割れするというのは日本の財政が破綻しなければあり得ず、過去に例はありません。

また、最低金利も保証されているため、一定期間保持すれば必ず利益が出る仕組みとなっています。

 

2.投資信託

 

投資を専門に行なっている機関に対して資産を預け、自分に代わって資産を運用してもらうのが投資信託です。

個人向け国債と異なり元本割れのリスクが存在しますが、投資先の選定ができない個人に比べ、プロが戦略的にリスク分散を計算し運用するため、安全性は高い資産運用の1つです。

 

こちらも1万円など低額から投資することができるため、積立のような形で運用する方が多くみられます。