ライトコインの詳細とビットコインとの違い

仮想通貨のトップを誇るビットコインが金の価値を示すなら、ライトコインは銀の価値を示すとみられる仮想通貨です。

ライトコインはチャーリー・リーという名の開発者が、ビットコインよりも早い採掘や取引を目指し、埋蔵量が決まっていて採掘において難しい金のようなビットコインよりも、埋蔵量が金よりも多く、採掘も容易で金よりも使いやすい銀を目指したライトコインがあれば便利だと思い、コインとして最も高い価値よりもそこそこ高い価値でありながら、使いやすさがあることを目指したものと考えたらわかりやすいと思います。

 

採掘はマイニングと呼ばれており、ライトコインもビットコイン同様マイニングによって入手できます。ライトコインの誕生は2011年と言われています。

 

仮想通貨は目には見えない現金なので、その目には見えない価値を担保として取引をするために、ビットコインでは最大総量を2100万BTCと上限が設けられていますが、ライトコインはビットコインの倍以上の最大総量を8400万LTCとしており、その通貨総量の上限の差は約4倍となっているし、取引認証時間においてもビットコインは10分程度時間がかかるのに対し、ライトコインは2、5分程度でよいので、価値はビットコインに劣っても、ネット上の仮想通貨の取引を日常的に行うにあたっては、こちらのほうが扱いやすそうです。

 

ビットコインに限らず、ライトコインは他の仮想通貨と比較しても発行量が最も高いという点が最大のメリットだと感じます。