イーサリアムの特徴や将来性について

イーサリアムの最大の特徴としては、スマートコントラクトと呼ばれる技術を導入しているところです。このスマートコントラクトと呼ばれる技術により、安全面においてはビットコインを上回ることができるようになっています。

 

イーサリアムはビットコインに次いで時価総額が2位の仮想通貨なのですが、その主な原因としてはビットコインの後から導入されたということがあります。そのためビットコインを仮想通貨1.0、イーサリアムなどは仮想通貨2.0と呼ばれています。

 

仮想通貨2.0は後から導入された次世代の仮想通貨な分、ビットコインよりも優れているところが多いです。スマートコントラクトと呼ばれる技術は、その優れている部分の一つになります。

 

スマートコントラクトがどのような技術なのかといえば、簡単に言えば取引の履歴などが記録されるビットコインなどに対して、その取引の契約内容などまでも記録されるという技術のことです。このように仮想通貨の取引に契約を組み込むことにより、ビットコインよりもより安全に取引を行うことができるようになったのです。

 

ただいくらイーサリアムが安全面で優れているといっても、2016年にはハッキングを受けていますし、仮想通貨自体が安全面においてはまだまだ改善の余地があります。

 

また現状では仮想通貨で2位とはいえ、1位のビットコインとは規模にかなりの差があります。その分まだまだ伸びる余地があるともいえ、実際に2017年になってからはかなりの勢いがあるので、その勢いに期待して利用してみるのもいいでしょう。