初めての一人暮らしでの物件の探し方と一人暮らしの準備

憧れの初めての一人暮らしは楽しみな反面不安も多いと思います。都心は家賃も高いし、でも妥協するのも嫌、そんな方にオススメの物件の探し方をご紹介します。

 

まず引っ越すには家具家電も揃えなければいけないので、初期費用はなるべく抑えたいですよね。一番の削減はやはり金額の大きい敷金礼金です。敷金礼金0物件というのは探せば割りとあります。

 

ただ、一つ注意しておくのは敷金0の物件です。敷金0の物件は退去する際にクリーニング代などを払わなければいけないので、後からお金がかかると思っておいた方が良いです。礼金は、家主さんへのお礼の金銭になるので、無いに越したことはないですね。

 

一人暮らしだとまず駅近・築浅・トイレバスが別など色々と希望があると思いますが、便利で綺麗となるとやはり家賃はどんどん上がっていきます。汚い古い家は誰だってあまり住みたくはないですね。

 

安くて綺麗なマンションには住めないのか?そんなことありません。ここで意外と見落としがちなのが「リノベーション物件」です。建物の築年数は20年、30年となっていても、中が綺麗な築浅マンションのように改装されています。普通の築浅マンションより安価なのでかなりオススメです。

 

不動産会社に相談するときに「綺麗で新しい」と伝えると大半が築浅物件を紹介されるので、一度「リノベーション物件でも良いのでこの予算でないですか?」と聞いてみてください。紹介してもらえる幅が広がります。
理想の物件を見つけて、快適な一人暮らしを楽しんでくださいね。