安いところへ行けば電気代は抑えられる

電力自由化によって、販売するところと電気を作るところは分断されることになりました。販売するところは自由に参入が可能となっているので、色々なサービスをプラスすることで安く抑えることが可能です。

 

その一方で電気会社よりもサポートがしっかりしていないと言われることが多くなっています。サポート体制の充実が図られていないと、結構厳しい状況になってしまうことがありますので、基本的にサポートのしっかりしているところで電気を購入するといいです。

 

一応自由化によって、少しだけ安くなるところは出ています。1割程度安くなるなら、年間でもそれなりの得をしていることになるので、まずはちょっとでもいいから抑えられるところを選んでください。

 

また一緒にセット購入することで抑えられるものもあります。ガスを一緒にしたり、スマホを購入するなどして安くしてくれるところもあります。これらのサービスを比較して、一番安く抑えられそうなところを選んでおけば、ほぼ失敗をすることはありません。

 

問題は地域によって電力自由化で使える業者が異なっていることです。関東のように多くの業者がいるところもありますが、それ以外の地域ではあまり多くの業者から選べません。

 

地方では選択肢が狭まっているので、安いからと言って適当に考えることは避けたいところです。電力自由化はかなり金銭的に抑えられるいい方法でもありますが、その分だけ得をするには色々な要素を加味しなければなりません。