マンション投資のリスクはどのようなものがあるのか?

マンション投資を始めようと考えている人はメリットばかりに目を奪われがちですが、安くない金額を投資することになるマンション投資はメリットよりもデメリットを考えて、デメリット対策をあらかじめ考えておかなければなりません。

 

デメリット対策にある程度の目途が立ってからマンション投資を検討すべきです。マンション投資の考えられる大きなリスクは3種類考えておかなければなりません。

 

第一のリスクはマンション投資における最大のリスクとも言うべき、借入のリスクです。もちろん、投資金のすべてが自己資金で賄う場合にはすくなくとも破綻しませんが、家賃収入を当てにしてローン返済をしている場合には、家賃収入が無くなってしまえば、返済できないというリスクがあります。マンション投資の循環が狂ってしまうのです。

 

第二のリスクは家賃収入に関するリスクです。投資しているマンションや部屋が絶対に空くことがないとは誰にも言うことはできませんし、空という最悪にリスクは回避できたとしても、物件価格の下落や家賃相場が下落しないとは限りません。投資マンションの条件にもよりますが、経年すれば利回りは悪くなっていくと考えたほうがいいでしょう。

 

第三のリスクはイレギュラーの事態のリスクです。地震などの天災が起こることもありますし、火事などの人災が起こることもあります。また、管理を任せている会社が倒産するということもないではありません。これらの突発的なリスクはいつ起るかわからないリスクです。

OLをしながら不動産投資で副収入を得る

本業でOLをしているけれど、副業で収入が欲しいという人にマンション投資は向いています。不動産投資というと最初にまとまった資金が必要なのでハードルの高い印象もありますが、多少の頭金を準備すれば銀行から融資を受けて購入することも出来ますので、手持ちの資金の何倍もの投資をすることも出来るのです。

 

マンション投資の一番のメリットは、自分の保有するマンションが資産になると同時に人に貸すことで家賃収入を得ることができる点にあります。一棟を保有している場合には管理が大変になってしまいますので、本業があると忙しくなってしまいますが、この場合には管理会社に管理を依頼して自分は家賃収入から手数料を引いた金額を受け取ることも出来ますね。

 

ただどのようなマンションでも投資すれば必ずリターンがあるというわけではありません。空室になってしまった場合には家賃収入もなくなってしまいますので、家賃収入から銀行への返済をするつもりでいると計画が狂ってしまうこともあります。また購入する時には売却する時のことも考えなくてはいけません。立地や建物の状態によっては売却が難しくなってしまいます。

 

立地が良ければ物件が古くてもそれ程不利になることはありませんので、立地は特に重要視したいです。まずは一棟を購入するよりも、分譲マンションの一室のみを購入するなど小さく始めてみることも良いですね。マンション投資を続けてうまく利益を出せるようになってきたら、最初の物件のローン返済が終わったあとに新しい物件の購入を検討してみてください。